コロナ渦の帰国のススメ ③日本入国に必要なもの (誓約書/質問票/アプリ)

コロナ渦の帰国のススメ ③日本入国に必要なもの (誓約書/質問票/アプリ)マレーシア

海外から日本に帰国する際、普段は必要のない書類を提出する必要があります。

今回の記事では6月末に日本へ帰国した私たちが準備したものをまとめました。

情報は常に変わるので、最新の情報は政府のサイトで確認するようにしましょう。

帰国に関する記事の一覧はこちら。

ADVERTISEMENT

日本帰国に必要なもの

6月26日に帰国した際に必要だったものは以下の4つです。

  • 出国前検査証明
  • 質問票Webの事前登録
  • 誓約書
  • アプリのダウンロードと設定


必須ではないけれど準備したものは、

  • 自主隔離ホテルの予約メール
  • ボールペン

でした。

また飛行機、空港でも様々な書類が配られるのでファイルがあるとかなり便利です。

出国前検査証明

国籍を問わず海外から日本へ入国するには、出国前72時間以内に実施した新型コロナウイルスに関する検査で陰性であったことの証明書の提出が必須です。

こちらにマレーシアで検査を受けた体験談や費用などを詳しくまとめています。

ADVERTISEMENT

質問票Webの事前登録

質問票Webも必ず事前に用意する必要があります。
下のサイトにアクセスして質問に回答するだけなので15分もあれば完了します。

最後に表示されるQRコードを必ずスクリーンショットまたは印刷しておきましょう。

帰国当日は書類が多いのでスマホを開く余裕がなく、印刷しておいたほうが楽だと感じました。

新型コロナウイルス感染症対策 質問票回答受付 | 厚生労働省 Questionnare app
新型コロナウイルス感染症に関する防疫措置の一環として、入国時に皆様の滞在歴や健康状態などを回答していただいています。As part of our disease control measures related to the novel coronavirus disease (COVID-19), we are cu...

誓約書

印刷して持っていきましたが、実はANA飛行機でも日本の空港でももらえました。

ただし、印刷しなくても内容には事前に目を通しておきましょう。

誓約書フォームは厚生労働省ページから最新版をご利用ください。

検疫所が確保する宿泊施設での待機・誓約書の提出について
検疫所が確保する宿泊施設での待機・誓約書の提出について掲載しています。


少しわかりにくいですが、サイトの一番下にあります。

住所について

誓約書に書いた住所が正しいかの確認作業が日本入国時にあります。

私たちはBooking.comで予約した宿泊施設の住所を書きましたが、確認時にその宿泊施設の名前を聞かれました。

念の為に印刷しておいた予約メールを見せるとスムーズでした。

日本国内で通話可能な電話番号について

誓約書には14日間確実に連絡可能な電話番号を記入する必要があります。

フロントデスクがあるホテルに滞在する場合はホテルの電話番号で良いそうです。
しかし、私たちのようにセルフチェックインの宿泊施設やマンスリーマンションに滞在する場合は自分の電話番号が必要です。


私たちは月額2.95ドルのSkype番号を契約しました。
Skype番号についてはのサイトを参照してください。

Skype(スカイプ)の電話番号を徹底解説!取得する方法や料金・使い方・メリット&デメリットを説明します! | APPTOPI
パソコンやスマホでコミュニケーションが取れる「Skype(スカイプ)」。 Skype同士で出来る、無料通話機能も大変便利ですよね! そんなSkypeですが、実は電話番号を取得することができるんですよ! 電話番号を取得すれば、Skypeユーザーに限らず、固定電話や携帯電話との通話が可能になります! この記事では、Skyp...


後から知った情報によると、海外の電話番号を所有している場合、海外のもので大丈夫だそうです。

ADVERTISEMENT

アプリのダウンロードと設定

アプリ3つのダウンロードとスマートフォンの位置情報の設定をする必要があります。

私はアプリのダウンロードだけをし、アプリの利用登録、位置情報の設定は事前にはしませんでした。
どちらにしても日本の空港で担当者に設定の確認をしてもらう必要があるので問題ないです。

ダウンロードしたアプリは一か所にまとめておくとスムーズでしょう。

スマートフォンをお持ちでない、またはアプリをインストールできないスマートフォンをお持ちの場合は、日本入国時に自己負担でスマートフォンをレンタルする必要があります。

アプリの設定と利用方法はこちらに詳しくあります。

スマートフォンの携行、必要なアプリの登録・利用について
スマートフォンの携行、必要なアプリの登録・利用について掲載しています。

位置情報確認アプリ(OEL)

1日に複数回『現在の位置情報』を求める通知が届きます。

このアプリを使って位置情報を報告します。

入国者健康確認センター位置情報アプリ

入国者健康確認センター位置情報アプリ

Emergency Assistance Japan Co., Ltd.posted withアプリーチ

MySOS

登録待機先の居所確認を行うため、入国者健康確認センターの担当者からビデオ通話があります。

MySOS

MySOS

Allm Inc.posted withアプリーチ

COCOA(接触確認アプリ)

新型コロナウイルスの感染者と接触した可能性について通知を受け取ることができるアプリです。
隔離期間中に使うことはありませんでした。

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

COCOA – 新型コロナウイルス接触確認アプリ

Ministry of Health, Labour and Welfare – Japanposted withアプリーチ

終わりに

今回はコロナ渦での帰国に必須な書類やアプリに関する記事を書きました。

コロナ渦での帰国は一見複雑ですが、必要な書類は意外と多くはありません。

ただ一つでも足りないと入国できない可能性があるので、きちんと確認してスムーズに入国できるように準備しておきましょう。

Comment

タイトルとURLをコピーしました