マレーシア 移動許可証申請方法 (2021) 必要書類・記入例・申請場所など

マレーシア 移動許可証申請方法 (2021) 必要書類・記入例・申請場所等マレーシア

日本への帰国にあたり、警察署で移動許可証を申請してきました。
ここではその際に必要だったもの、準備したものなどをまとめました。

移動許可証が必要かは住んでいるエリア、移動目的、目的地によって異なります。
必ずご自身でご確認ください。

ADVERTISEMENT

海外では石橋を叩いて渡る慎重さが必要

空港へ向かう場合、パスポートと航空券さえあれば移動許可証は必要ないとの話も聞きます。

しかし、情報が交錯し警察官によって見解が違う可能性があるため、移動許可証は発行してもらいましょう。

移動許可申請には費用はかからず、24時間いつでも対応してもらえます。
私たちが申請した時も短時間ですぐに完了しました。

※NSCに確認したところ、MCO対象地域内での移動について、以下の場合においては、別途警察署の許可を得る必要はないとのことですが、検問時における無用のトラブルを避けるため、これらに該当する場合であっても警察署の許可を得ておくことが望ましいとされています。
-患者が病院に通うためにアポイントメントレターを所持している場合
-入管窓口での手続の予約をした者が、その証拠を所持している場合
-旅客が航空機や高速バスのチケットを所持している場合

【新型コロナウイルス】活動制限令(MCO)、条件付き活動制限令(CMCO)及び回復のための活動制限令(RMCO)の各対象地域における規制(SOP)(2021年3月2日) | 在マレーシア日本国大使館

必要書類と準備したもの

帰国が早朝便だったため、前日は空港に隣接するSama-sama Hotelに宿泊しました。
よって私たちは『帰国前日に自宅からSama-sama Hotelへ移動する許可』を申請しました。

Subang Jaya District Police Headquartersでは以下の書類で許可が下りました。

  • 申請書 1部
  • 宿泊ホテルの予約メール 1部
  • 航空券 1部
  • パスポートのコピー(顔写真ぺージ、ビザページ) 1部
  • パスポート原本

印刷は白黒で問題ありませんでした。

また、記入ミスを指摘されても対応できるように未記入の申請書1部とボールペンも準備しておきました。


警察のFacebookには「申請書は2部用意すること」とあるので本来は申請書2部、書き損じ用の未記入の申請書2部を用意した方が良さそうです。


後述しますが、移動許可証を申請する上で必要となる書類は警察署や担当の警察官によって違います
あくまで一例として、もし書類が足りないと言われてもすぐに提出できるように準備しましょう。

ADVERTISEMENT

申請書とその記入例

申請書

PDFファイル

Wordファイル

EMCO中の申請書について

EMCO中の移動許可申請書は探してみたもののネット上では見つけることができませんでした。

EMCO中はMCO用の申請書で申請して大丈夫なようです。

申請書の記入例

申請書はすべてマレー語ですが、記入は英語で問題ありませんでした。

ADVERTISEMENT

申請する警察署

移動許可証は最寄りの警察署で発行してもらうのが原則ですが、私たちは念のため住んでいる地域で一番大きいSubang Jaya District Police Headquartersに行きました。

交通の便が良かった事に加え、小さい警察署では「航空券があれば移動許可証はいらない」と発行してもらえないことがあると噂を聞いていたからです。


Google Mapで『Police Headquarters』と検索するとお近くの大きい警察署が見つかるはずです。
最寄りの警察署で申請を却下された場合、大きい警察署に行くと申請を受理してもらえるかもしれません。

申請のタイミング

申請は早く行っても「前日に来るように」と言われるそうです。

帰国前は忙しいと思いますが、警察署は24時間開いているので帰国(移動する日)の前日に申請するようにしましょう。

ADVERTISEMENT

申請時の服装

忘れがちなのが服装です。ドレスコードを満たしていないと警察署に入ることができない可能性があります。

ナーバスになる必要はありませんが、マレーシアの習慣に従ってタイトな服、膝上丈のズボン、ビーチサンダルなどは避けましょう。

Be mindful of your attire at places with dress code
BUKIT MERTAJAM: It was a picture that launched endless forwarding on WhatsApp.

申請時の流れ

私たちが行ったSubang Jaya District Police Headquartersでは、警察署の敷地に入る前に警備の警察官に来署理由を聞かれました。

「Travel Permitを申請に来た」と伝えると奥の建物に入るよう案内されます。

建物に入るとすぐにカウンターがあり、そこの警察官に申請書類一式を渡すとその場で許可が下りました。

他の警察署でも流れは大体同じだと思います。

初めての警察署でドキドキしましたが、パスポートの確認さえなくあっという間に終わりました。

Twitterの体験談

帰国する場合

帰国のために移動許可証を申請する場合、警察署によってはPCR検査結果を求められるようです。
PCR検査を受け、検査結果がでてから警察署に行ったほうが良いかもしれません。

病院、大使館に行く場合

病院や大使館に行く場合は航空券の代わりにアポイントメントレターが必要です。
病院や大使館に発行してもらうよう必ず問い合わせてください。

ワクチン接種を受けに行く場合

ワクチン接種を受けに行く場合、MySejahteraの予約画面を見せるだけでよく、移動許可証を申請する必要はないそうです。

終わりに

今回はマレーシアから帰国する際に必要になる移動許可証の申請方法について記事にしました。

「航空券とパスポートだけで問題はない」と警察署で言われることもあるそうですが、海外ではあらゆることに備えておいた方が万全です。

思わぬハプニングに見舞われることもあるので、できるだけ準備しておきましょう。

Comment

タイトルとURLをコピーしました