プルフンティアン島でダイビングライセンス取得を目指すための用語集

プルフンティアン島でダイビングライセンス取得を目指すための用語集プルフンティアン島

現在マレーシアでは活動制限令(MCO)が施行されています。
この記事の内容はMCOが施行される前のものです。
最新の情報は必ずご自身でご確認ください。
在マレーシア日本国大使館

 

マレーシアはプルフンティアン島でダイビングライセンスを取りたい方は多くいると思います。
そんな方のための用語集を作りました。
こちらを参考にしていただければ幸いです。

ADVERTISEMENT

Pulau Perhentian

トレンガヌ州にあるダイビングで有名な島で、ウミガメと泳ぐこともできます。
主に大小二つの島から構成されています。

Pulau Perhentian Besar

プルフンティアン島を構成するうち、大きい方の島です。

Pulau Perhentian Kecil

プルフンティアン島を構成するうち、小さい方の島です。

Kuala Besut

プルフンティアン島までのスピードボートが出ている港町です。
クアラルンプールからここまで長距離バスで行くことができます。
飛行機で行く場合、最寄りの空港からタクシーで一時間ほどかかります。

ダイビングライセンス

「Cカード」とも呼ばれ、Cは“Certificate(認定)”の頭文字です。
公的な資格ではなく民間団体による資格で、発行する団体によって講習に多少の違いがあります。
ダイビングをする際はこのカードを必ず持参する必要があります。
体験ダイビングであればこのライセンスは不要です。

ダイビング指導団体

ダイビングライセンスを発行しているダイビング指導団体として世界的に有名なのはPADI、NAUI、SSI、CMAS、BSAC等です。
マレーシアでダイビングライセンス取得を目指すならばいずれかに所属しているスクールを選びましょう。
ここでは特に有名なPADI、NAUI、SSIを紹介します。

PADI

PADI(パディ)はアメリカで設立された世界最大のダイビング指導団体です。
世界のダイバーの70%以上がこのPADIに所属していると言われているそうです。
私たちはPADIのライセンスをFlora Bay Diversで取得しました。
Professional Association of Diving Instructorsの略称です。

ダイビングライセンス(Cカード)ならPADI - 世界最大のダイビング教育機関
スキューバダイビングを始めるなら、世界最大の教育機関PADI(パディ)のダイビングライセンス(Cカード)をゲットしよう!PADIの特徴は世界共通の豊富なカリキュラムと、徹底した品質管理。安心してPADIのダイビングショップにお任せください!

Open Water Diver

今回私たちが取ったPadiのダイビングライセンスの一種です。
ダイビングの基本的なスキルを一から学ぶコースで、初心者の方はこのライセンスからとります。
水深18Mまで潜ることができます。

Advanced Open Water Diver

次に私たちが取ろうと思っているライセンスです。
コースの参加条件として、PADIオープン・ウォーター・ダイバー・ライセンスか、同等の他団体Cカードを取得している必要があります。
夜に潜るナイトダイビングなどのコースがあります。
水深30Mまで潜ることができます。

NAUI

NAUI(ナウイ)は日本ではPADIの次にシェアを占めるダイビング指導団体です。
また、指導団体の中で一番古い歴史があると言われています。
National Association of Underwater Instructorsの略称です。

Cカード(通称:ダイビングライセンス)取得ならNAUI
NAUIは、「最愛の人を任せられる信頼」をテーマにダイビングを提供しています。ダイビング、ダイビングショップ選び、Cカード(ダイビング ライセンスではなく正式名は「Certification Card」)取得は、おまかせください!

SSI

SSI(エスエスアイ)はアメリカではPADIの次にシェアを占めるダイビング指導団体です。
ですが日本でのシェアはあまり高くありません。
Scuba Schools Internationalの略称です。

https://www.divessi.com/ja/

Comment

タイトルとURLをコピーしました